うっかりクラミジア感染|必死で調べる性病に効く薬

性病のクラミジア

国内での罹患者数が最も多いとされるクラミジア症とは性病の一種とされ、原因とされるクラミジアトラコマティスという細菌が人の生殖器や肛門あるいはその周囲、咽頭等に感染を起こす事により炎症を起こしたり腫れ時には化膿する事が有り、状態を悪化させる事で痛みを伴う事も有り、本症の特徴として男女共に感染に対しての自覚が難しいという事が挙げられ、男性の五割、女性の八割が感染した事に無自覚となり症状を悪化させてしまう事はもちろんの事、気付かぬまま性交を繰り返す事で他者へと感染を拡げてしまう性病となります。
特に若年層の10から20代前半の女性の方に罹患者が多いとされ、トラコマティスは単体では生命を維持する事は出来ず外気に触れる事で死滅するとされますが、その感染力は非常に強力とされ性交であれば二回に一回の確率で感染を果たすとされ、感染経路は殆どが性交全般となりオーラルセックス等で咽頭に感染している際には咽頭に感染し扁桃炎や咽頭炎といった喉に病巣を作り痛みと発熱を伴う症状を起こす事が有り、感染者の粘膜に直接触れる行為で人から人へと感染していき蔓延するとされます。
反対に単体で外では生命維持出来ないのでトイレの便座や公衆浴場等に有るイスあるいはペットボトルの飲み回し等では感染はせず、あくまでも性交のみから感染するとされます。
性病はこの他にも多数の種類が存在しますが、その殆どに用いられる治療薬が抗生物質となり感染した病原体の種類にもよりますが体内での菌の増殖を抑制する事や殺菌的な作用により菌を死滅させる事等が出来るとされ、クラミジアの場合にはクラビットやジスロマックといった抗生物質が治療薬として用いられ、クラビットが国内では主流とされていましたが、ジスロマックは改良されたものに当たり頻回な投薬を必要としない点で最近では主流とされていました。
しかし、人と同じ様に細菌も耐性を付けるので従来の少ない回数での投薬で治療する事が難しくなってきており、いずれの治療薬であっても大量投与を必要としており、掛かり付けの医師の判断によりその用量は適宜に増減するとされています。